フランス軍”M64カーゴパンツ”を徹底解析

不屈の名作M47後継モデル『M64カーゴパンツ』

『M64カーゴパンツ』の解説する前に、切り離せない『M47パンツ』について少し。

フランス陸軍に1947年に採用され、第二次世界大戦後の1960年代まで使用されていたM47パンツ。通称”F-2カーゴパンツ”

M47パンツは製造年により、前期・後期型に分けられ、一般的に1940年代~1950年代は前期型、1960年代に製造されたのが後期型となります。

その”M47パンツ”の後継モデルとして、フランス空軍に開発されたのが、『M64カーゴパンツ』になります。

全体像

全体像としては、ややゆとりのある太もも部分から裾にかけて若干テーパードしているシルエットが特徴的です。軍モノカーゴパンツは粗野な印象もあるかもしれませんが、身頃にセンタープリーツが入っているので足のシルエットが非常に綺麗に見えるところが、さすがユーロミリタリーですね。

フロントディテール

フロントは、比翼仕立てのボタンフライが採用されています。広く取った台座はミリタリーというよりテーラーを思わせる仕立てになっています。

裾のディテール

M64カーゴパンツの裾にはドローコードが付いていますので、裾を絞って着用が可能です。

パンツ下部の膝部分から裾にかけて、当て布が使用された2重構造仕様になっています。

軍では膝を付けての作業が多い為、こういった耐久性のあるディテールが残っているのもミリタリーの魅力の1つです。

裾の別布は、当時の軍人たちは、ブーツインして着用することが多かったことから、摩擦で生地が擦り切れないように工夫されたデザインとされています。

ポケットデザインに注目

フランス空軍に採用されたカーゴパンツの為小物が落下し飛行機の操縦に支障が起きないよう全てボタンが付属されています。

もちろん、カーゴポケットもフラップボタン仕様になっています。前からの障害物が引っ掛からないよう、前面にマチがなく、底面と後にマチが付いています。

フラップの裏側には2つボタンが取り付けられた徹底っぷり。

裾の別布もそうですが、フラップ裏の別布のベージュの配色もグッとくるポイントです。

フランス軍らしい綺麗な縫製処理

全体的にそうですが、縫製は軍モノとは思えないほど綺麗に縫製されています。耐久性はもちろんですが、ミシン目の細かい部分や美しい見た目を可能にしたパターンは、流石ファッションの国フランスと言えます。

M64カーゴパンツのサイズ表記

M64カーゴパンツは、腰回りの裏側にサイズ表記のタブが付いています。

『76』と表記されている数字がウエストになります。

個体差がありますので、商品説明のサイズ一覧をご覧ください。

M64カーゴパンツ コーディネート

カーゴパンツとの相性抜群のGジャンにインナーはロシア軍のボーダーカットソー、足元はアメカジを代表するレッドウィングを合わせてみました。

年間通してコーディネートしやすいアイテムです!

ユーロヴィンテージの人気が高まり、その中でも非常に入手困難なフランス空軍『M64カーゴパンツ』

しかも、デッドストックは本当に中々出てきません。

この機会に購入を検討されている方は是非コチラから!!!