不屈の名作M-52を語る

近年のユーロミリタリーを語る上で欠かせないのが『フランス軍M-52チノトラウザーズ』です。
今日は、この『M-52』を徹底解説します。
とその前に簡単にチノパンの歴史に触れておきます。
今ではファッションアイテムとして当たり前に存在するチノパンですが、元々はイギリス発祥のミリタリーアイテムでした。
19世紀、インドに駐留していたイギリス軍は、ゲリラ戦や山岳戦を繰り返す日々、当時の軍服だった白のトラウザーズだと敵に見つかりやすい課題がありました。そこでコーヒーやカレー粉、泥水などで白のトラウザーズを染め、カモフラージュしたのが始まりと言われています。
その後チノパンは、アメリカへと渡り、細部をアップデートしながら、1941年に世界初のフィールドパンツとして『M-41』が誕生することになります。
第一次世界大戦・第二次世界大戦でドイツに占領されたフランスは、アメリカ・イギリスから軍事物資の供給援助を受けたことで、1952年『M-52』が誕生します。

・フランスならではの洗練された縫製

フランスらしい仕立ての品の良さが随所に取り入れられたM-52。ワイドなシルエットで無骨さもありつつ、裾にかけてテーパードしているので今でもファッションとして活躍します。

・M-52と言えばコレ!ツータック仕様のワイドシルエット

当店で取り扱いのあるM-52のサイズは『15』とちょっと特殊です。ウエストが92cmでレングスが71cmと短めですが、ベルトで着用していただければ十分ファッションとして穿いていただけます。画像のモデルは身長170cmです。

テーパードのバランスが素晴らしいので、ストンと下に落ちる綺麗なシルエットになります。THE 軍モノというコテコテ感が出ないのも魅力です。

・M-52ディテール

フラップ付のバックポケットはM-52の象徴ですね。

1950年代のパリで生まれた『M-52』は、フォーマルウェア同様にステッチが細かく縫製処理も非常に丁寧に仕上げられています。

ミシン目が細かいということは、針を落とす回数が多く縫製箇所がしなやかになります。1本1本、時間をかけて丁寧に仕上げていた当時が目に浮かびます。

・M-52のサイズ表記

M-52のサイズは、内側に取り付けられているラベルで確認します。

2桁の数字がサイズ表記で、左側がレングス・右側がウエストのサイズを表しています。

・M-52着用感

モデルは、身長170cm体重63kgと日本人の一般的体形かと思います。

以上がユーロミリタリーを代表する『フランス軍M-52チノトラウザーズ』のご紹介でした。

商品の詳細はコチラから⇒フランス軍M-52チノトラウザーズ

それではまた。

YOKOHAMA JUNCTION 河合